近頃はだいぶ日が長くなりましたね。

さて、先日、農事組合法人の設立登記の業務をお手伝いさせていただきました。

農事組合法人とは、農業協同組合法に規定されている組合型の農業法人で、農業生産活動の協業化によって、組合員の共同の利益を増進することを目的とする法人です。

農業を法人化すると、経営面や税制面などでさまざまなメリットがあります。
また、近年懸念されている農業従事者の高齢化や後継者不足への対応策としても期待され、このような農事組合法人は、今後も増えていくと予想されています。

一方で、農事組合法人関係の文献、資料、書籍等がまだまだ数少なく、私たちも最初は模索しながら進めておりましたが、関係機関、出資者の皆様方のご協力もあり、滞りなく手続を進めることができました。
改めて、感謝申し上げます。

今回、設立にあたって改めて日本の農業の未来について考えさせられることも多く、身近な問題として、今後より一層関心を寄せていきたいと感じました。